葡萄畑

ヴィッラ・カルチナイアは、2000年に最初にオリーブ畑で有機栽培を開始し、その後1959年から1975年の間に植えられた古いブドウ畑で始めて、その後他の畑に広げました。有機の働きかけはワインの生産やオリーブオイルにおいても同じです。この農園には、19世紀の終わりまでさかのぼるブドウやオリーブの木の非常に重要な遺伝子の遺産があり、新しい植付で繁殖してきました。有機認証は、新しい植付に使用される小さなブドウの木にも適用されるため、準備中の繁殖に使用される苗床も含まれます。




グレーヴェ川は谷を2つに分け、その土壌は互いに大きく異なります。右岸は「モンティ・デル・キアンティ」として知られて山側の特長があります。土壌は山々の岩盤の崩壊によって形成された砂岩と砂からなっています。代わりに、Villa Calcinaiaが立っている左岸は始新世が起源であり、石灰質粘土がこれらの部分の主要な要素です。Calcinaiaという名前はチョークの採石場、つまりモルタルの製造に必要なこの元素のからきています。カルシウムは自社の敷地に豊富にあり、赤ワイン造りの境界線を作る土壌の違いがあります。さらに海抜200メートルから350メートルまでのさまざまな標高の違いや、敷地を横切るグレーヴェ川の多くの小さな支流によって、ブドウ畑にさまざまな重要な違いがあります。これらの支流は何世紀にもわたってトスカーナの方言、「マッタイオーネ」と呼ばれ、この地方に多く存在する灰色の粘土を運んで土壌のベースに堆積物を形成してきました。一般的に言えば、カルチナイアの土壌のイメージはロームです。 グレーヴェ川に向かう斜面下部の斜面に砂が多く存在する深い土壌と、特に「ガレストロ」である高地に豊富な岩石がある浅いシルト質土壌。剥離構造を持つ粘土質片岩。砕けやすい表面、浸透性、小石の含有量、および豊富な微量元素が、ブドウの樹の栄養バランスと特徴的なワインを造りだします。一定の高度、およそ300メートルを超えると、ガイオーレの典型的な石灰岩である「アルベレーゼ」も発見されるようになります。カルチナイアの複雑な土壌に貢献しています。

parallax background